被害を及ぼす

日本で確認されているシロアリには、現在22種類ほどありますが、その多くが自然界だけに棲息しています。 そして、住宅に被害を及ぼすシロアリには、ヤマトシロアリとイエシロアリ、アメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリの4種類が知られています。ヤマトシロアリは北海道の一部を除いて全国で被害を出しています。イエシロアリについては、関東から西の太平洋側を中心に被害が広がっています。 そして、アメリカカンザイシロアリは、散発的に被害が報告されています。最後にダイコクシロアリですが、これは沖縄県を中心に被害を出しているのです。 ヤマトシロアリとイエシロアリは湿った木材しか食害しませんが、残りの2種類は乾いた木材でも食害します。 そして、シロアリ駆除業者は全国にありますから、心配でしたら一度相談してみましょう。

住宅に被害を出すシロアリは、種類によって食害する場所が異なります。ヤマトシロアリは、主に床下部分を食害し、イエシロアリは床下から柱を伝って住宅全体に被害が及ぶこともあります。 一方のアメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリは、乾燥している木材でも食害しますから、住宅のあらゆる場所で被害が出るのです。 要するに、シロアリの種類によってシロアリ駆除の難しさが異なります。 ですから、シロアリ別のシロアリ駆除の方法を考える必要があります。そして、適切なシロアリ駆除ができる業者に依頼した方が安心なのです。シロアリ駆除業者の情報と費用は、インターネットでも調べることができますから、事前に調べておくと良いでしょう。